入れ歯でお困りの方!入れ歯に不快感がある方!インプラントでしっかり噛むことができ、入れ歯のようにズレる心配がありません

トップページ
羽山歯科医院の紹介・診療理念
羽山歯科医院 院長紹介
設備紹介
羽山歯科スタッフ紹介
インプラント
ミニインプラント
歯周病
審美歯科
予防歯科
治療費用について
歯科相談
初診予約
羽山コラム
スタッフコラム
インプラント治療希望の患者様へ

インプラント



従来の治療と比較

歯が失ってしまうと、今まで従来の歯科治療では入れ歯やブリッジが一般的でした。しかしブリッジや入れ歯では多くの欠点や不快感がありました。ここでは、「ブリッジとインプランの比較」、「入れ歯とインプラントの比較」をご紹介します

ブリッジとインプラントの比較

ブリッジは、まわりの健康な歯を削って、連合した人工歯で橋をかけます。
両隣の歯が差し歯の場合はできないことがあります。

メリット デメリット
固定されているので、ほとんど装着感がない
人工歯の素材によっては保険適用内で治療ができる
健康な歯を削るということは、歯を健康で長く機能させる点ではデメリットである
多数の歯が欠損している場合はブリッジできません
健康な歯に負担がかかりすぎることがある

インプラントは、歯がない部分に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける最新歯科治療です。

メリット デメリット
自分の歯と変わらないようにしっかり噛むことができます
見た目の仕上がりが自然である
まわりの歯を傷つけない
外科的な治療が必要である
保険適用外である


入れ歯とインプラントの比較

総入れ歯は全ての歯を失った時に歯茎の上にのせる治療です。
また、部分入れ歯は歯が抜けた部分の歯肉にあわせた「床」に人工の歯を植え込み、バネで残っている歯に引っかけてとめます。

メリット デメリット
一般的な治療法
素材によっては保険適用内で治療ができる
食べ物の味が変わる。また発音や言葉に支障が出る場合がある
部分入れ歯の場合、固定するためのバネが見た目にも機能的にも不快である。またバネをかけた歯が弱くなりやすい。
入れ歯がずれて内側に食べ物が入って痛かったりします


インプラントによる入れ歯なら、しっかり固定されるので、入れ歯のような不快感はなくなります。

メリット デメリット
自分の歯と変わらないようにしっかり噛むことができます
見た目の仕上がりが自然である
まわりの歯を傷つけない
外科的な治療が必要である
保険適用外である