奈良県大和高田市の歯科医院「羽山歯科医院」は歯周病治療はもちろんのこと歯周病にならないための予防歯科にも取り組んでおります

トップページ
羽山歯科医院の紹介
羽山歯科医院 院長紹介
設備紹介
羽山歯科スタッフ紹介
インプラント
ミニインプラント
歯周病
審美歯科
予防歯科
治療費用について
歯科相談
初診予約
羽山コラム
スタッフコラム

歯周病



歯周病とタバコ

タバコは健康に対する諸悪の根源と言われ、人体に有害であることは広く知られています。タバコの煙が最初に触れるのは口の中の粘膜で、煙に含まれているタール、ニコチン、一酸化炭素などは、口の中の粘膜や歯を支える組織に対しても有害です。喫煙によって歯周病に対する影響は更に悪化します

●歯周病にかかりやすくなります

煙の中のニコチンなどの物質が歯のまわりの組織の持つ免疫機能を低下させ、病原菌に対する抵抗力を弱めるために感染しやすくなります。また、ヤニがつくと歯の表面がザラつきプラークをつきやすくするので歯周病にかかりやすくなります。

●歯周病の発見が遅れます

ニコチンが歯周組織の毛細血管を収縮させるので、病気が進行していても歯肉の表面に腫れや出血といった病状が現れにくく、見逃してしまいます。

●治療後の治りが遅くなります

新しい組織を作る細胞の増殖を、タバコの有害物質が妨げます。その結果、治療効果も上がりにくくなります。

歯周病は歯ぐきの炎症が進んで、歯を支える骨が溶かされる病気です。喫煙者の方が、非喫煙者より3倍ほど歯周病にかかりやすく、それにより歯をなくしてしまう割合が2倍ほど高いと言われています。タバコを吸うことを止めると、こうした危険度は下がりますので、全身の健康のためも禁煙を決断されてはいかがでしょうか?