奈良県大和高田市の歯科医院「羽山歯科医院」は歯周病治療はもちろんのこと歯周病にならないための予防歯科にも取り組んでおります

トップページ
羽山歯科医院の紹介
羽山歯科医院 院長紹介
設備紹介
羽山歯科スタッフ紹介
インプラント
ミニインプラント
歯周病
審美歯科
予防歯科
治療費用について
歯科相談
初診予約
羽山コラム
スタッフコラム

歯周病



歯周病の進行

1.歯肉炎

プラークが原因で歯肉に炎症を起こし、歯ぐきが赤く、丸みを帯びてきます。歯肉が腫れて、出血しやすくなります。これが歯肉炎と言いますが、まだこの時期であれば、簡単に歯石を取って、正しいブラッシングで良くなります。
ポケットの深さは3mmぐらいです

2.軽度の歯周病

歯肉炎が進んでしまうと、歯と歯ぐきの先端が離れ、すき間が出来てしまいます。このすき間を歯周ポケットと言います。歯周ポケットにプラークや歯石がたまると炎症が悪化します。そのため歯を支える歯槽骨が溶かされてしまいます。ポケットの深さは3~4mmぐらいです

3.中度の歯周病

歯ぐき全体が赤く腫れ、歯周ポケットから膿が出てくるようになります。歯を支える歯槽骨はだいぶ溶かされ、歯がグラグラし始めてきます。歯根がだいぶ露出されたぶん、歯は長く見えるようになります。口臭や噛むと痛みを感じます。ポケットの深さは4~6mmぐらいです

4.重度の歯周病

さらに悪化すると、絶えず膿が出るようになり、歯の動揺も大きくなり、食事もままならずに歯も抜けてしまうことになります。こうなると歯を残すことは難しくなります。ポケットの深さは7mm以上となります




Copyright(C)Hayama Dental. All rights reserved.